こんにちは!ナビゲーターのヒデジロです。
韓国の観光スポットとして有名なのが東大門(トンデムン)。一度くらいは聞いたことがあるかもしれません。


もじ子

なんとなーくきいたことあった気がするけど、東大門ってどんなところなの??

東大門は簡単にいうと眠らない街(笑)昼も夜も深夜までもショッピング!まさにオールナイトで買い物が楽しめる場所とでもいいましょうか。

もじ子3(゚∀゚)

ちょっとなにそれ!!めっちゃいいじゃん!!

もじ子さんも興味津々なようですね(笑)
韓国でショッピングを存分に楽しみたい!という方も多いはず。そんな方にもってこいの観光スポットといえます。

今回はその東大門をざっくり紹介したいと思います。

スポンサードリンク


もくじ

東大門(トンデムン)
東大門ってどんなところ?
DDP東大門デザインプラザ
膨大な数の専門ショップ

東大門(トンデムン)

東大門は地下鉄1,4号線の東大門駅、地下鉄2,3,5号線東大門歴史文化公園駅から徒歩すぐのエリアにあります。

東大門の大まかな位置はこのへんです。


ソウル駅から地下鉄でだいたい10分くらいの場所に位置しています。

詳細な場所はこちら。

東大門駅、東大門歴史文化公園駅の間の付近ですね。



東大門ってどんなところ?

・夜中もショッピング三昧

冒頭でもいいましたが、東大門はソウル最大の衣類市場ともいえ、深夜まで営業しているファッションビルも多くオールナイトショッピングが楽しめる街といえます。

ファッション関係に興味がある方にはたまらない場所。若い女性を中心に幅広い年齢層の方が買い物を楽しんでいます。


ネオンできらめく東大門。



・20時からが東大門の本番?(笑)

小売り店舗はもちろんのこと、夜20時や深夜0時から朝方までオープンするような卸売り店舗も多数あります。国内外から買い付けにくる業者も多くまさに眠らない街ともいえます。

20時からが東大門の本番(笑)ともいえ、デパート付近では衣類の路面店も増えて街全体が活気であふれてきます。


昼にはなかった路面店が続々と出店



昼間は南大門市場で買い物をして夜は東大門で買い物。そんなルートを回って存分にショッピングを楽しんでいる観光客も多いようです。



・食事処も充実!

東大門から徒歩圏内には、タッカンマリ横丁、焼き魚横丁、コプチャン横丁、広蔵市場といったグルメ好きはたまらない場所があり、食事も存分に楽しむことができます。

またショッピングビルにはフードコートもあり、シェイクシャック、スイートチュロスなど人気のチェーン店など多数入っているので一人で気軽に食事をすることもできます。


タッカンマリの店だけが集まるタッカンマリ横丁。



焼き魚横丁ではおいしそうな香りがプンプン。



ショッピングに疲れたら甘いものも☆

・疲れたら癒し空間へ

東大門には24時間営業しているチムジルバンや深夜まで営業しているマッサージ店などもあるので、ショッピングに疲れたら立ち寄って癒されるのもオススメです。

東大門は食事にショッピングに癒しにといっぺんにたのしめる場所。韓国に来たら一度は訪れてみてほしいスポットです。



DDP東大門デザインプラザ




東大門でひときわ目立つ建物がこのDDP東大門デザインプラザといわれる建物。

まさに宇宙的というか近未来的なデザインの建物であり、ここでは世界的なファッションイベント、公演、展示なども多数開催されます。

建物内はファッションショップ、国内外からあつめたデザインショップのほか、アートホール、デザインミュージアムなどもあり見て楽しむこともできます。


多数のデザインショップ


また、地下鉄に直結しているデザインマーケットというところも、カフェやお土産によい伝統雑貨のショップ、セレクトショップなどもあり休憩しながらショッピングを楽しむことができます。
ちなみにデザインプラザ事体の営業時間は10~22時(施設による)までです。



膨大な数の専門ショップ

東大門はファッションアイテムの宝庫ともいえるくらい衣料品を扱うお店が立ち並んでいます。

小売り専門のファッションビルや卸専門のビルの中に、数えきれないくらいの店舗があるのでどこに入っていいか迷ってしまうくらい。
全部しっかり見ようと思ったら一日じゃ足りません。


たくさんの人が買い物を楽しむ小売りファッションビル


業者が出入りする卸ビル

靴は靴、鞄は鞄といった専門的に扱う店が多々。所狭しと膨大な数のアイテムが並んでいるので必ずお気に入りのものがみつかるはずです。


靴の専門店がのきをつらねる


革製品の専門店も多い

あまりにも膨大な数の店舗がならんでいるので、買い物をする際は自分が何のアイテムがほしいのかだけでも事前にリストアップしておくといいですよ!

東大門をざっくり紹介してきましたが、のちほど関連記事にてこのエリアでショッピングを楽しむポイント、オススメのお店などを紹介していきます。そちらもチェックしてみてください。