日本のお隣の国、韓国。俳優さんやK-POPといった韓流ブームがあったのでお隣の国のことを知る機会も多くなったといえます。
しかし、知っているようで知らないことも多いはず。
ここでは韓国を旅する上で必要であろう基本的な情報を説明しますので、参考にしていただけたらと思います。


スポンサードリンク

もくじ



韓国との距離は?

韓国は東京から飛行機で約2時間30分。福岡からはなんと約1時間30分というびっくりするほど近い距離にある国です。
やろうと思えば日帰り観光もできるほど。むしろ日本の地方へ旅行へ行くより時間もかからずお手軽かもしれません(笑)

日本との時差はなく、韓国のほうが多少日没が遅くなるくらいで日本と同じような感覚。時差ボケの心配はありません。

韓国の言葉は?

言語は韓国語。韓流ブームがあったので、テレビでハングルの文字を一度はみたことがあるかもしれません。

一瞬見たときは、「〇」とか「ト」などカタカナと記号がならんでいるようで、よくわかりませんが(笑)いちお法則があるので、慣れてしまえば読むことも簡単にできるようになります。

日本語と意味も発音も同じ単語があったり似たようなものもあるので、比較的理解しやすいといえます。

旅行に行った際、韓国語がまったくわからなくても大丈夫!公共の交通機関では英語や日本語でも表記されています。

また、韓国の方は英語が流暢な方が多いので、外国人だとわかると店員さんなどは英語ではなしかけてくることが多いです。

中学、高校で学んで聞いたことある簡単な単語や、普段使う英単語で理解できるので、食事など注文などもできるのが大半です。

英語がほとんどできないヒデジロでも通じたので心配無用!



暑いの?寒いの?韓国はどんな気候?

基本的に日本と同じで四季があります。夏は暑くて雨も多い、冬はとにかく寒い!!真冬は最高気温がマイナスなんてこともあります(汗)

韓国でも釜山など日本と同じような緯度になると多少寒さは和らぎます。

昼は過ごしやすくても夜は寒い!寒暖差が激しいということはザラなので、その辺は注意しましょう。事前に気温をチェックしてそれに合わせて羽織るものなど用意しておくのが無難です。



韓国の宗教は?

韓国は国教というものはなく宗教の自由が認められていますが、仏教とキリスト教が大半を占めているようです。

儒教の国とよく聞きますが、宗教というよりは儒教精神を大切にしているといえ、年長者を敬う習慣が社会の常識とされているようです。

日本では地下鉄など席を譲るのにちょっと勇気がなくて行動できなくても、この国では全く恥ずかしくないので、自信満々に(笑)年長者に席を譲りましょう。笑顔で返されて気持ちが良いです(笑)

韓国の祝祭日は??

日本と同じようにお盆休み、正月休みがあります。韓国では 旧正月、秋夕(チュソク)といわれています。

観光をするうえで注意したいのは、この日は多くのお店がお休みになること。

最近は営業している店もチラホラありますが多くの店が数日間休みになるので、せっかく旅行来たのに店がやっていなかった!なんてことにならないように注意が必要です。

旧暦の日付は、新暦にすると毎年変わります。旅行の計画を立てる際は旧正月、秋夕(チュソク)の日をチェックしておきましょう。

韓国の治安は?

特に心配される方が多いのが治安。
歴史的な背景もあり、日本人はなにかされるんじゃないか?という不安がある方もいるかもしれません。

しかし、そんなことはないので安心を(笑)むしろ旅行者や困っている人がいると非常に親切に接してくれます。特におじさんは女性に対してとても優しいです(笑)

気になる観光地ですが、治安はさほど悪くありません。
しかし、やはり外国ですから自分の身は自分で守らなくてはなりません。日本と同じような感覚でいると痛い目にあうこともなきにしもあらず。

鞄を開けっ放しにしていれば中身を取られることもあるのでしっかり閉じる。高価なものは持ち歩かない。

たまにボッタくりの被害にあったという話も聞きます。元々の料金を確認する。とくにクレジットカードで支払うときは、領収書をもらう、レシートの金額を確認することは忘れないようにしましょう。
特に有名観光地ではクレジットカードで支払って一桁多く請求されたという例もあります。必ずチェックしましょう!

そして、特に女性は夜、人気のない路地は一人であるかない露出の多い服で夜道を歩かない終電があるうちに帰る。これは守るべきでしょう。

また、ごくまれにあるデモには近づかないようにしましょう。

注意点は書きましたが、基本的なことを守れば怖い目にあうことはさほどないです。

韓国のお金は?

韓国の通貨はウォン(W)です。レートによって多少かわるのですが、他の国と違って日本と大体にているので計算がしやすいです。

だいたい1,000ウォン100円という風に考えてもらえれば大体の物価はわかります。

計算は楽なのですが、一ケタ違うので買い物をするとき日本の感覚がのこっていると最初は一瞬びっくりするかもしれません。
コンビニでお菓子など買い物して、10,000ウォン え?1万円?って(笑)

冷静に考えれば、あぁ千円ね。。。って後でおもいますが(汗)

また両替した時、お札が多いのでお金持ちの気分になります(笑)ちょっとお得気分です。はい余談ですね(笑)

ホテルやサービスに対してチップの風習はないので払わなくても大丈夫です。

韓国はクレジットカードでの支払いが主流で、最近では現金で支払いができないお店もあります。逆に、東大門の路面店などクレジットカードが使えない店舗もあるので、現金とクレジットカードの両方をもっているほうが安心です。

水道水は?

韓国の水道水は顔を洗ったりする分には問題はありませんが、飲料に適していません
コンビニなどで売っているミネラルウォーターを飲みましょう。ウォーターサーバーや沸かした湯なら飲んでも大丈夫です。



トイレは?

トイレの看板

空港はもちろんですが、最近はトイレットペーパーを流せるようなところも多くなっています。しかし、韓国のトイレは水流が弱くつまってしまうので、それを防ぐ為にも使用済みのペーパーは備え付けのごみ箱にすてるのがまだまだ一般的です。

小さな飲食店や公共のトイレには紙がなく、入り口に設置された紙を使う分だけちぎってもっていくような所もあるので、携帯用のティッシュは必ず持って行くようにしましょう。
どんだけ使うかわからないし・・・。

紙を流してはいけない場合、便座の付近に大きなゴミ箱があります。それが流さないで捨てる目安にしておくと良いでしょう。



エスカレーターは右?左?

エスカレーターに関しては、関西と同じように右側に立ちます。
急いでいる人は左をツカツカ歩いていく日本と同じスタイルですね(笑)

たまに知らないで逆に立っていると邪魔になってしまうので気を付けましょう。

エスカレーター
エスカレーターは右


簡単に基本情報を書きましたが、なんとなくどんな国なのか理解していただけたと思います。

旅行の際必ず役立つ情報ですので、注意点は得に頭にいれておいてくださいね。

スポンサードリンク