こんにちは!ナビゲーターのヒデジロです。

海外旅行に行く際、たくさん現金を持ち歩くのは怖いと感じる方も多いと思います。そこで便利なのがクレジットカード。

しかし、正直どのクレジットカードを持っていったらいいのかわからない!という方も多いのではないでしょうか?

もじ子4┐(´д`)┌

そうなのよ!いっぱいありすぎてぶっちゃけどれがいいのかわかんないのよ~

今回ご紹介するエポスカードは
・大金を持ち歩かなくてOK
・手続きなしで海外保険自動付帯がついてくる
・様々な海外サポートサービスがついてくる
・ショッピングでの優待特典やポイントがたまってお得!

このような魅力的なカードです。

もじ子3(゚∀゚)

なにそれ!海外旅行保険もついてるの?韓国旅行にうってつけのカードじゃない!!

じつは、本当に便利なカードなのでヒデジロ自身愛用しているんですよ。

今回は、韓国はもちろん海外旅行には必ず持って行ってほしい特典がついたクレジットカード、エポスカードをご紹介したいと思います。


もくじ

エポスカードってどんなカード?
どんな人に向いている?
エポスカードのメリットとデメリット
海外旅行に嬉しい安心ポイントの紹介
  ⇒ 海外保険自動付帯
  ⇒ 紛失・盗難時の不正使用も全額補償
  ⇒ サポートデスク
  ⇒ 海外ATMで現地通貨を引き出し可能
  ⇒ 世界中のVISA加盟店で利用可能
まとめ

エポスカードってどんなカード?

エポスカードは小売業で有名な丸井グループとエポスカードの共同発行するクレジットカード。入会費、年会費永年無料で、クレジットカードをはじめて作る人にはとても作りやすいカードといえます。

海外旅行をはじめ、ショッピング、引っ越し、結婚など生活の様々な場面で役立ち非常に便利。

マルイ店舗やネットショッピングはもちろん、VISAマークのある国内、海外のお店で使うことができます。

特に年会費など永年無料なのに、海外旅行保険自動付帯という特典がついているのはエポスカードの最大の魅力!とも言えます。

年会費永年無料でこのような特典がついてくるカードはなかなかありません。

どんな人に向いている?

エポスカードは様々な特典がありますが特にこのような方には役立つカードといえます。

・海外旅行に行く人
・ネットショッピングをする人
・ポイントを貯めるのが好きな人
・色々な割引など優待特典を受けたい人

これに一つでもあてはまる人は特にもっていて損はないです。
では詳しくみていきましょう!

エポスカードのメリットとデメリット

気になるエポスカードのメリットとデメリットをまとめてみました。

【メリット】

・年会費無料で作りやすい
・海外旅行保険自動付帯機能がついている
・世界のどこでも使えるVISAのカード
・即日発行が可能
・主婦や学生*でも作ることができる
・優待特典が豊富
・安心サポートが充実

※未成年者は申し込みの際親権者了解が必要


【デメリット】

・年齢制限がある(日本在住18歳以上なら可、高校生不可)
・審査があるので場合によってはカードを作れないこともある

その場合は特典は劣りすますが、審査なし、年齢制限なし、手軽に作れるプリペイドカードをつくるのも手なので興味がある方は「審査不要のトラベルプリペイドカード」の記事をご覧になってください。

正直、エポスカードはデメリットが見つからないので持っていて損はないクレジットカードです。


海外旅行に嬉しい安心ポイントの紹介!

普通のお買い物でも優待特典をかなり受けられるのですが、それ以上にエポスカードの威力を発揮するのが海外旅行

では、その内容を具体的にみていきましょう!

海外旅行傷害保険自動付帯

なんといってもこちらが目玉!
VISA付きのエポスカードには海外旅行傷害保険がついていて、万が一の補償を受けられ安心です。
旅先でのケガやさまざまなトラブルの強い味方になります。特別な手続きも不要。

【保険の対象者】
VISA付きのエポスカード会員本人のみ。※家族は対象にならない。

【補償期間】
カード入会日(カード発行日)の翌日以降に日本を出発される旅行が対象。1旅行につき最長90日間。

【補償内容】

※携行品損害は、1個・1組・1対あたり10万円限度。
※概要を説明したもので、実際の保険金支払いの可否は特約、普通保険約款に基づく。
※カード付帯保険サービス内容は、予告なく変更される場合あり。



・緊急医療アシスタンスサービス・

補償内容はもちろんですが、その他に手厚いサポート体制も整っています。海外旅行中のトラブルの際には、24時間いつでも日本語で対応。緊急医療アシスタンスサービスがあり、病院の紹介から宿泊手配まで対応してくれます。


【緊急医療アシスタンスサービスの内容】

【サービスの費用について】
・海外旅行傷害保険で補償される金額までは保険金として精算。会員の自己負担はなし。

・サービスの費用が保険金額を超えた時、費用の一部が保険の対象とならない時は、保険で補償されない費用の不足分及び、アシスタンス会社の手数料は自己負担。不足分を現地で負担できない場合は、緊急医療アシスタンスサービスを受けることができない。

※会員資格の確認が必要となるため、一時的に費用の立て替えが必要な場合もある。

参考資料:エポスカードHP


紛失・盗難時の不正使用も全額補償

エポスカード紛失受付センターが24時間年中無休で対応。届け日を含め61日前にさかのぼり、それ以降の不正使用による損害を全額補償。希望により現地へ緊急時の代替カードも発行可能です。

※受け取り場所に制限があり発行できない場合もあり。所定の審査あり。発行に際し手数料10,000円がかかる。帰国後、再発行の手続きが必要。


サポートデスク

日本語で緊急時の対応、観光に役立つ情報など現地デスクが案内。パスポートの紛失、盗難時の手続き方法なども案内してくれます。

現地デスクの営業外時間でも24時間対応で東京の海外緊急デスクが対応してくれるので安心です。

海外ATMで現地通貨を引き出し可能

「VISA」「PLUS」のマークのあるATMで現地通貨をキャッシング可能。両替の手間もかかりません。現金がなくなって困った!というときに便利です。

世界中のVISA加盟店で利用可能

クレジットカードでの支払いがほとんどの韓国ですが、時々使えないカードもあったりします。しかし、VISAであれば間違いなく使えて安心です。
ヒデジロの経験上、VISAは使えなかったことがありません。



色々と説明してきましたが、海外旅行に関してはこのあたりが大きなポイントです。
とにかく、万が一の場合でもクレジットカードを持っているだけでサポートが受けられるのはありがたいですね。もちろんショッピングでも役立ちますよ!


ちなみに、ヒデジロも愛用していて韓国旅行はメインカードとして使っています。
デザインもオシャレなのがお気に入り♪


\気になる方はこちらへ/
エポスカード

まとめ

いかがでしたでしょうか。

大金を持ち歩かなくてもよいのはもちろんですが、何よりもサポートが充実しているのがクレジットカードの大きなメリットです。

とくにエポスカードは年会費永年無料にもかかわらず海外旅行保険が自動でついてくるという普通じゃありえない魅力的で使えるカードです。

もちろん補償の範囲が決まっているので完全に安心!というわけではありません。

しかし、お金がかかるから海外旅行保険にはいるまではいかない。と思う方は絶対に持っておくべきカードですし、強い味方になることは間違いありません。

もちろんどうするかは自由ですが、万が一トラブルが起きたら補償もなく後悔するのは自分自身です。

そんな時、無料で様々なサポートが付いてくるエポスカードをもっておくだけでも安心ですよ!


\海外旅行も安心/
エポスカード



楽しい韓国旅行の思い出を作ってくださいね!