こんにちは!ナビゲーターのヒデジロです。

国内でも海外でも飛行機で移動をする際、LCCという言葉を耳にする機会があると思いますが、いったい全体LCCってなんなの?何がメリットで何がデメリットなの?と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もじ子

そうよ~ていうかLCCってな~に??どっかのコーヒーメーカー??

いやいや、コーヒーメーカーではないですよ(笑)

今回はLCCとはなんぞや、LCCのメリットやデメリットをヒデジロの経験を踏まえて説明しますので、航空券を選ぶ際の参考にしていただけたらと思います。

上手に活用したらお得に旅ができますよ☆

スポンサードリンク


LCCってなに?

LCCは、いままでの航空会社で行われていたサービスの削減などを行って、低価格の運賃を実現している格安航空会社のことです。「Low Cost Carrier」の英語の頭文字をとっています。

韓国行きの航空会社だと、チェジュ航空、ジンエアー イースター航空、ティーウェイ航空 ピーチ などがあげられます。

LCC、どんなかんじなの?

低コスト運営ということで、サービスが簡素化。機内食はでません。また水はもらえますがジュース類は有料。またブランケットも有料です。

ビジネスクラスはなくすべてエコノミー。座席に少しゆとりのあるシートもありますが別料金です。

安全のほうは大丈夫??

さて気になる安全面。安い運賃だし大丈夫なのか??と思うこともあるでしょう。ヒデジロが実際乗った感想としては、安全面に関して特に気になることはなかったです。

座席はハッキリいってとても狭いです。ヒデジロは体が小さい人なので特に不自由にかんじませんでしたが、大きな体の男性にはちょっと窮屈だと思います。

しかし、個人的感想としては、意外と乗り心地がよかったり(笑)操縦士にもよるのかもしれませんがヒデジロが乗ったものは離陸、着陸共に上手だったりしました(笑)

LCCの良い点は?(メリット)

さて、気になるメリットですが。

・飛行機代は安くおさえたい
・機内食はいらない
・移動は寝るだけ
・時間はさほど気にしない

そんな方にはオススメできます。

LCCの一番の魅力は安い航空運賃。サービスが簡素化されているので低コストが実現しています。そのぶんお買い物などの旅費にあてることができるのが魅力的です。

飛行機では寝るだけだし、最低限のサービスでいい。機内食もいらない!その分航空券を安くしてくれ!という方にも合うかと。


注意するべきところは?(デメリット)

低コストで行けるLCCですが、良い面ばかりではありません。


・預け荷物や機内手荷物に関して規定が厳しい
・移動が不便
・遅延も多少ある
・有料のものが多い



預け荷物や機内手荷物についての重量は、それぞれの航空会社によって違いますが、厳しいところもあるので事前にチェックしておくべきです。
重量オーバーすると超過料金を徴収されます。また機内サービスはほとんどが有料。

移動に関しては、少しの時間ですがバスで飛行機まで移動することや、乗り降りも階段を使ったり多少不便さがあります。

また仁川空港では到着する場所がメインターミナルから離れたコンコースという所になる場合が多いです。その場合、シャトルトレイン(5分くらい)に乗らないとメインターミナルに行けないので移動に時間がかかります。

また逆に日本に帰るときもシャトルトレインに乗ってコンコースに行かないとならないので、そのぶん時間もかかります。つまり行きも帰りも時間に余裕をもっておく必要があります。



・ヒデジロの意見

基本的に時間にシビアなヒデジロは、LCCはちょっと敬遠していました。
しかし「食わず嫌いはよくない!!その浮いた飛行機代の分、色々と韓国を堪能したい!」と思いデビュー。最近は急いでいない限りLCCに乗る率が高いです(笑)

やはり、自分の経験や友人の経験からすると、多少出発時刻が遅れたりはするので時間に余裕をもっていくか、大事な用事がある時は多少高くてもLCCではない航空会社を使うほうがベターかな~とは思います。

とはいえ、時間も特に気にしない余計なサービスはいらない人にとっては低コストで行けるのは魅力的ですね。

LCCであっても席が少なかったり、直前の予約だと通常の航空会社と航空運賃がかわらなかったり。。。ということもあるのでその点はしっかりと比較してみたほうが良いと思います。



いかがでしたでしょうか。

低価格で韓国に行けるLCCはとっても魅力的。特に安全面に関しても気になることはなかったので利用しない手はないと思います。

しかし当然デメリットもあるので、ご自身の計画に合わせて航空会社を選んでみてくださいね☆