仁寺洞の風景


こんにちは!ナビゲーターのヒデジロです。

ソウルの観光スポットはたくさんありますが、せっかくだから韓国の伝統的な雰囲気を感じてみたくありませんか??


もじ子

そうね~せっかくだからそういうのも体験してみたいわね

で、あれば仁寺洞(インサドン)、伝統家屋が立ち並ぶ北村(プッチョン)がうってつけ!伝統文化を体験できる所もあるので、観光客には人気のスポットです。

仁寺洞、北村は、李氏朝鮮が漢陽を首都とした時代から発達してきた街で、ヤンバンという昔の高級仕官が住んでいたところです。今なお街には伝統家屋が残っていて、近代的なソウルの街とは違った古き時代の韓国を感じられます。


もじ子3(゚∀゚)

うん?ナンバン? 食べ物?

いやいや、違いますよ!!!ヤンバンですよ(笑)

さて、それはさておき今回はそんな趣ある街、仁寺洞を紹介しますね!

スポンサードリンク


仁寺洞(インサドン인사동)

仁寺洞は地下鉄3号線安国駅から徒歩すぐ、地下鉄5号線の鍾路3街駅から徒歩5分くらい。

ざっくりした地図でいうとこのあたりに位置しています。

仁寺洞の地図
明洞の北側に位置

仁寺洞キルという、メインストリートにはたくさんのを店が並んでいて、韓国らしい伝統雑貨を今風にアレンジしたアイテムが多いです。伝統工芸品もあり、見ているだけでも楽しいです。ちょっとしたアートの街でもあるのでギャラリーなんかもあります。

仁寺洞の風景
仁寺洞キル
街の様子
伝統工芸品のお店
街の様子
ギャラリーなんかも

お土産を買うならメインストリート沿いにあるサムジキル。

サムジキル
サムジキル

小さな店舗がたくさん入っており、伝統工芸品をはじめ、アクセサリーもたくさん売っているので、お土産にいいかと思います。

個人的に好きなのはユニークな雑貨を取り扱うノルダカゲ。面白いハングルが入った雑貨や個性的なアイテムがあり、見ているだけでも楽しいです。

サムジキルのお店
個性的なお店

ヒデジロは目をキラキラさせながら変な言葉のグッズを買いこんでいました。(何に使うんだ)


向かいには仁寺洞マルというコリアンブランドを集めた複合施設があり、飲食店も充実。買い物で疲れたらカフェでほっこりもいいですね。

仁寺洞の建物
仁寺洞マル

また、メインストリートから路地をはいったところにも趣がある韓家の飲食店があります。そういったところで食事もいいですね。

仁寺洞の路地
路地にはいってみると・・・

路地のお店

路地裏のお店
趣ある飲食店

ちょっと隠れ家的♪



・お土産に超おすすめのクルタレ!!

クルタレ

仁寺洞にはクルタレという蜂蜜と麦芽を熟成させて作った伝統菓子が売っています。クルタレは王様や賓客に献上したという宮廷菓子。サクサクとした食感にほんのりとした甘み。上品な味とでもいいましょうか、とてもおいしいです。

実演販売も行っていて、その作る様子がまた面白く、硬い蜂蜜の飴があっという間に細い糸のようになって作られていく様子が不思議でついつい見入ってしまいます。

クルタレの店
実演販売は見もの!
クルタレ
見た目は繭みたいですが(笑)
クルタレの中身
中にはアーモンドやナッツの粉が・・・

香ばしくとてもおいしいです!
そのままで食べても良いのですが、冷凍庫でキンキンに冷やしたものだとなおGOOD!
凍る心配もなく、保存の面でも長持ちします!

クルタレ:5,000~7,000ウォン
セットだと安くなります。


北村(プッチョン 북촌)

仁寺洞から少し歩いたところに 韓国の伝統家屋が立ち並ぶ北村(プッチョン 북촌)があります。レトロな雰囲気の雑貨店やカフェがたくさんあり、伝統菓子も食べれる店も。

仁寺洞の建物
趣があって素敵です

もちろん、おしゃれなカフェも。

カフェ
カフェもオシャレながらも景観を崩さないようにしています

奥に進んでいくと険しい坂が続き、伝統家屋が建ち並んでいます。そこでは王朝時代の雰囲気を味わえます。

北村
時代を感じさせる建物
北村
高低差がよくわかりますね(汗)



北村は韓国の伝統家屋が立ち並ぶだけあって近年人気が上昇しているのが、韓屋造りの建物を利用した宿泊施設。韓国の伝統建築美を体験でき、近くでゆっくりたっぷり散策して伝統文化に触れる。そんなオツな過ごし方もできます。


北村には韓服を体験できるお店が複数あるので、韓服をきた観光客がいたりもしました。
仁寺洞で韓服きてお買い物を楽しんでいた観光客がいたので、ちょっとお声をかけて写真をぱしゃり☆

観光客
韓服をきた観光客もたくさん

北村を観光して、お土産は仁寺洞でなんて流れもいいかもしれませんね。
このエリアは有名な景福宮もすぐ近くなので、ゆっくりまったり2日間ぐらいかけて観光したいものです。