モバイルバッテリー

こんにちは!ナビゲーターのヒデジロです。

スマホ一つで色々なことができる便利な時代。持っていないと不安。片時も手放せない!そういう方も多いかと思います。
しかしそんな便利なスマホも心配なのは充電切れ。旅先で充電なくなりそうでヒヤヒヤした!そんな経験はありませんか?


もじ子

ん~ヒヤヒヤしたことあったけど、モバイルバッテリーもってるから大丈夫よ~!


はい!充電切れを防ぐ為にもモバイルバッテリーを持っているという方も多いとは思います。
が、、初めて韓国旅行。はたしてその容量で足りるでしょうか?

もじ子4┐(´д`)┌

そ・・・それは・・・どうなんだろう

国内旅行では充電がきれてもそこまで困ることもないですが、海外旅行となると別です。

wifiや携帯などしばしば使うので、充電がなくなると不便な面も結構でてきます。
アプリ使ったり複数人でwifiを使ったりしたらなおのこと!

「あーー!もう充電が赤ランプ!!どうしよう!なんもできなくなっちゃう!(ノД`)・゜・。」

こんなことにならないように、ここではモバイルバッテリーについてヒデジロなりの見解を書いてみますね。

モバイルバッテリーはどんなものを選べばいいの?チェックポイントを紹介!

韓国にモバイルバッテリーを持って行くにも、色々と種類も容量もたくさんあってどれにしたらいいのかわからないものですよね。

まず抑えてほしいポイントは
容量、USBポート、重量の3つ!
たったこれだけです。では具体的に見ていきましょう。

容量

個人の使う頻度にもよりますが、韓国旅行では10,000mAh以上あるとひとまず安心です。ホテルの近くを散策するだけというなら容量が少ないものでも問題はないですが、ちょっと遠くに行く場合などはそのくらいあっても良いでしょう。

10,000mAhあれば約3〜5回はスマホを充電できると思います(バッテリーのパッケージなどに目安が書いてあったりもするので参考にしてみてください)


ヒデジロは当初5,400mAhのものを使っていたのですが、なにせスマホやwifiを使いっぱなしだったので、韓国旅行ではすぐなくなってしまいました。なので帰国してから容量が多いものを購入。

10,000mAh以上あれば、夜まではもつかな~って感じで今はそんなに困ることはないです。

旅行される際はバッテリーも容量が多いものを購入していくと安心ですよ。


USBポート

USBポートが2個あるものだと便利です。スマホだけではなくwifiやタブレットなど複数持っていく人も多いので、同時に充電できるのはとても便利です。

また、同行者と一緒に充電できるのもイイですね。

さらに、ヒデジロは心配性なのでプラグとコードも持ち歩いています(笑)韓国のカフェでは充電できるところもあるので、電源をお借りして充電させていただいてます。


重量

容量が多ければ多いほど安心感はありますが、やはり大きくなればなるほど重量も上がります。
持ち運ぶにはあまり重すぎるのも不便です。ちょっと遠くに行く場合は少しでも身軽に動きたいので重量は170g~250gが比較的負担にならないと思います。

軽ければ軽いほどラクなのは言うまでもないですが、購入の際は重量もチェックしてみてください。



韓国旅行に持って行くおすすめバッテリーを紹介!

容量、USBポート、重量すべてを踏まえて、口コミでも高評価のおすすめバッテリーを紹介します。

13,000mAhモバイルバッテリー


Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応
重量:259g 、USBポート:2 、大きさ:8 x 9.7 x 2.2cm
¥3,699より



cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー ホワイト
重量:245g 、USBポート:2 、大きさ:9.2 × 8 × 2.3cm
¥2,980より


10,000mAh~11,200mAh モバイルバッテリー




Anker PowerCore 10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリーiPhone&Android 対応(ブラック)
重量:180g 、USBポート:1 、大きさ:6 x 9.2 x 2.2cm
¥2,899より


旅行に便利な10,000mAh~13,000mAhくらいで人気の商品をピックアップしたので、よかったら参考にしてみてください。


ヒデジロが実際に使っているものは?

おすすめ商品をご紹介してきましたが、ヒデジロ自身は一番上のAnker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート 大容量 モバイルバッテリー) を購入しました。

バッテリー
USBコードとポーチ付き

手におさまるバッテリー
手のひらにすっぽりサイズです(手は小さめ)



容量、USBポート、重量の3つをすべて満たしてくれている上に、残量ランプも青く光るなかなかカッコイイやつ(笑)

USBの数
USBポートは2つ
残量がわかるバッテリー
残量はランプでお知らせ

実際に韓国で使っていましたが、このバッテリー1つで写真を撮りまくり、スマホいじりまくり、パソコン作業をしたりと一日中使っても充電に困ることはありませんでした。

むしろ同行者に電源提供をしていたくらい(笑)wifiと同時充電できるのも強みです。

そして、Anker商品はド定番!というくらいの人気商品。一度使ったら他にいかないといったファンも多いようですね。
結構ハードに使っていますが壊れずに現役でがんばっています。

しいて言うならば重量がちょっと重いかなというくらいですが、リュックにいれてしまえばそんなに気にならないです。

ちょっと遠くに行くときは特にこれを1つもっているだけで安心感が違います。おすすめの製品です。

韓国旅行にバッテリーを持って行く上での注意点

持っていると安心のモバイルバッテリーですが、韓国旅行に限らず、飛行機に乗る際は必ず守るべき点があります!

それは

バッテリーは手荷物で機内に持ち込むこと!



チェックインの際、職員の方に確認されますが間違ってもトランクに入れて預け荷物として出さないようにしてくださいね!

バッテリーは預け荷物として禁止になっています。


また、バッテリーの持ち込み個数の制限もあります。電力(Wh)によって個数が異なるようですが(100Wh~160Whまでは2個までなど)、ご自身の乗る航空会社に規定がありますので心配である場合は確認しておきましょう。

基本的に今回ご紹介したモバイルバッテリーは問題がなく没収もされません
よほどの数を持って行く場合は怪しまれるとおもいますが(笑)


預け荷物や手荷物に関してはこちらの記事を参考にしてみてください
【韓国旅行準備】機内持ち込みOK?手荷物、預け荷物のお悩み解決!


なんで預け荷物としてだしちゃいけないの?

何故、バッテリーが預け荷物として出してはいけないのか気になる方もいると思います。

実は、バッテリーのほとんどはリチウムイオン電池が使われているものが多いんです。
リチウムイオン電池は衝撃に弱く、発熱・発火・爆発などを引き起こす危険性があります。

スーツケースにいれて万が一発火したら大変なことになるからなんですね。
すぐに気が付き対処できる為、安全の為にもその点は必ず守りましょう!


まとめ

これまでのことをまとめます。

【韓国旅行に便利なバッテリーのチェックポイント】

まずは容量、USBポート、重量の3つをチェック!

  • 容量は10,000mAh以上あるとひとまず安心。10,000mAh~13,000mAhが理想
  • USBポートは2つあるものが便利
  • 容量があればあるほど重いので持ち運びしやすい重量を選ぶ



【持って行く際に気を付けること】

  • モバイルバッテリーは機内に手荷物として必ず持って行くこと
  • 航空会社によって個数の制限があること

慣れない土地ということもあり、スマホで地図をみたり、写真を撮ったり、調べものをしたりとアプリを使うことが非常に多くスマホの充電も思った以上に早くなくなります

携帯が使えないとなるとかなり不便です。モバイルバッテリー1つでも持って行くと安心感が違います。



モバイルバッテリーも最近は容量大きくても軽いものもでてきているのでとても便利になりました。
さらには急速充電の能力もだいぶ強化されています。

旅先で困らないように容量の大きいものが欲しい、古くなったので買い替えようか思っている方はこれを機に買い替えてみてはいかがでしょうか。

おすすめバッテリー

参考にしていただけたら幸いです。


スポンサードリンク