こんにちは!ナビゲーターのヒデジロです。

日本でもそうなんですが、電車に乗るときいちいち切符を買うのはめんどくさいですよね?
ましてやいろんな路線の乗り換えがあるときはもっと大変。

韓国でも日本と同じことがいえます。そんな時便利なのがTマネーカード!正直それを使わない手はないです。

ここではTマネーカードとはなんなのか、その使用方法などについて説明しますのでチェックしてください。

スポンサードリンク

もくじ

Tマネーカードとは?
使える場所は?
初めてのTマネーの購入
チャージ方法
チャージ金額は?
使い方
残高確認

Tマネーカードとは?

もじ子

Tマネーカード?どんなカードなの?

はい、Tマネーカードとはプリペイド式の交通カード。
日本でいうところのSuica(スイカ)、PASMO(パスモ)、Icoca(イコカ)のようなプリペイド式交通カードです。


Tマネーカード(デザインは様々)

・電車乗るのにいちいち切符を買うのがめんどくさい!
・目的地まで金額よくわかんない!!! 
・乗り換え楽々したーい!

そういうときは迷わずTマネーカードを利用するといいです(笑)
改札を通るのもスムーズだし、運賃も割引になったりするので、手に入れない理由はないと思いますよ。

Tマネーカードの使える場所

主に地下鉄。電車以外にもコンビニでの支払いだったり、タクシー、バスの支払いもできます。

めちゃくちゃ便利です。

Tマネーどこで買えるの?
もじ子4┐(´д`)┌

ん~Tマネーカードってのは便利なのは、なんとな~くわかったけど、ソレどこで買えるのさ??

はい、コンビニで売っています。空港のコンビニには必ず売っているので、到着したら速攻で買いに行きましょう。駅の改札近くのコンビニでも売っていたりもします。Tマネーマークの看板があるところが取扱店です。


このマークが目印。

また、キャラクターをモチーフにしたカード、路面店などには携帯のアクセサリー型のTマネーなど色々とあります。
K-POPグッズを売っているお店にはアーティストのデザインのTマネーカードもありました。

とりあえず、ここではTマネーカードを取り扱うコンビニでの購入を前提に説明しますね!

まずはコンビニの店員さんに「ティーマネージュセヨ!」 (Tマネーくださいの意味)
これで大丈夫です!

さあゲットしたら早速チャージしましょう!

チャージはどうするの?

さて、日本のプリペイドカードと同様そのままでは使えないのでチャージしなければなりません。

Tマネーカード取扱店のコンビニでも「チュンジョン ヘ ジュセヨ(充電してください)」と言ってカードとお金を渡せばできるんですが、今後必ず必要な機会が訪れるので今回は駅の改札の近くにある切符券売機でのチャージをしてみましょう!


切符券売機(仁川空港はこのようなデザイン)


もじ子4┐(´д`)┌

え・・・でも・・・ 韓国語わかんないよ!大丈夫?

 

ご安心を!!ちゃんとナビゲートがあります。

1.日本語ボタンを押す
券売機の画面をみると「日本語」のボタンがあるので、そこをクリックすれば日本語表記とアナウンスでナビゲートしてくれます。


日本語なら安心。

2.交通カードチャージのボタンをおす
次に、交通カードチャージというところを押します。

ここをクリック。



3.カードを置く
交通カードチャージというところをおすと、カードをおいてくださいというアナウンスがながれるので、無駄にさからわず(笑)おきましょう。


ここにおく。




4.金額を選択してお金を入れる
すると今度はチャージする金額はいくらかとでます。
希望の金額を選択してお金を入れます。


金額を選択。


お金をいれます。


5.しばらく待つ
するとチャージしています といった画面が表示されます。
焦らずじっとまってください。

しばらく待つと完了のアナウンスがなるのでカードをとって終了。

チャージする金額は?

韓国の交通機関の料金は日本より安い!なのでそんなに多くの移動をしなかったり、買い物の支払いをTマネーでしないのであれば一回のチャージは1万か2万ウォンくらいで十分だと思います。足りなくなってきたらその都度そのくらいの金額をチャージするという感じです。

カードを落としてなくしたらちょっと悲しいので。。。
よく落とすヒデジロはいつもこのくらいにしています(汗)

Tマネーの使い方

もじ子3(゚∀゚)

おっけ!チャージもできて準備万端!でも。。。どうやって使うの?

はい、駅の改札を行くと日本と同じようにカードをかざすところがあります。
同じようにかざすと、ピッと音がなり通行できるようになります。


ここにかざす

残高確認

Tマネーを改札でかざすと、かざすところに残高が表示されます。
また、券売機でチャージする際画面にも残高が表示されるのでそこで確認しましょう。

さぁ 準備OK!これで電車移動も楽ちんです!



いかがでしたでしょうか。

簡単に説明をしましたが、使い方やチャージ方法など日本の交通カードとほぼ同じであること、日本語アナウンスの案内があるので韓国語がわからなくても簡単に操作ができることが理解できたかと思います。

Tマネーカードは、電車はもちろん、バス、タクシー、コンビニの支払いも含め色々な場所で使えるので本当に便利なカードです。持っていて損はありません。

デザインも様々なので自分好みのものをみつけてみてくださいね!