こんにちは!ナビゲーターのヒデジロです。

韓国に到着して空港からソウル市内に移動する際、荷物も多かったりすると何かと大変。楽に最寄りの駅やホテルまで移動したいですよね?


もじ子4┐(´д`)┌

そうね~重い荷物もって電車乗り換えとかめんどくさいわ~ 

そんな時は、空港からでているリムジンバスがとても便利だったりします。

実はヒデジロ、空港からはおもに空港鉄道AREX(エーレックス)を利用するのでリムジンバスを使ったことがありませんでした。しかし勇気をだしてリムジンバスを体験!!乗ってみてとても便利だということが判明したので、これは使わない手はない!という結論にいたりました(笑)


もじ子4┐(´д`)┌

う~ん。でも乗り方とかよくわかんないし~
不安だわ~~
 

乗ったことがなくてもご安心ください!今回は、初めてのおつかいならぬ、はじめてのリムジンバス!の体験を踏まえて、チケットの買い方、バスの乗り方、降り方まで説明します。

チェックすればあなたも簡単にリムジンバスを利用できちゃいますよ!!

スポンサードリンク

リムジンバスの種類

空港リムジンバスは

・一般リムジンバス
・高級リムジンバス

の二つに分かれます。


一般リムジン

一般リムジンのほうが金額は安い(10,000ウォンくらい)のですが、停車地が少し多くなります。
高級リムジンはソウル市内の主要ホテルを経由。金額は少し割高(16,000ウォンくらい)大韓航空が運営するKALリムジンは他の航空会社を利用していても乗車可能です。(バスに大韓航空のマークがあるのでわかりやすいです)


行先の確認

まず自分の目的地の路線を確認しなければなりません。

空港のバスチケットカウンターの近くには、行先の路線名や路線番号が書かれているのでチェック。

路線は仁川空港の公式サイトで確認してもよいでしょう。

旅行に行く前にチェックしておくとラクですよ!

仁川国際空港サイト


リムジンバス チケットの買い方

リムジンバスに乗るにはチケットを買う必要があるのですが、空港内とバス乗り場のそばに売り場が何か所かあります。


外のチケット売り場


空港内のチケット売り場

比較的いつも外は混んでいる感じなので、今回ヒデジロは中のカウンターで購入することにしました。カウンターの方は日本語も通じるので安心!(通じない場合は紙に行先を書いて見せるのも手です)


まずは、行先を伝えます。その時、一般にするか高級リムジンにするか伝えるとスムーズです。
お金を払ってチケットをもらいます。


チケット

乗るバスの路線番号と乗り場の番号がチケットには書かれているので、チェックしてその番号の乗り場に行きます。


バス乗り場

バス乗り場の看板にはバスが止まる場所が書かれています。自分が降りたい場所がかかれているかもチェックすると安心します。



たいていはチケット売り場でリムジンバスのチケットを買うのですが、Tマネーで支払う方法もあります。その場合は、運転手さんに行先と人数を伝え、Tマネーをかざすところにピッ!っとやると完了です。現金でもOKだったりもします(笑)


リムジンバスへ乗車

バス乗り場についたら 運転手さんにチケットを見せて好きな席に座ります。
大きな荷物がある場合は係の人につんでもらいましょう。バスの中にも置けるので小さなスーツケースは中にもっていくのが良いと思います。



さて、無事に乗ることができました。高速を走ってしばらく快適なバスの旅。
そして最後の難関が近づいてきます。そう、目的地に降りるという難関。しかーーーし!大丈夫です。ここでは降り方も説明します(∩´∀`)∩

日本のバスと同じように、座席付近には降りることを伝えるボタンがあります。
ボタンどこだどこだ?とおもったら上のほうに赤いボタンがありました。


日本と同じようにぴーっとおすタイプのボタンです。

目的地のアナウンスが流れたら、すかさず「私降りますボタン」(笑)を押して運転手さんに知らせるんですが、ここで注意点!!

韓国語のアナウンスは、もうすぐ到着する停留所次の停留所の名前の二つをアナウンスします。なので、降りたい停留所の名前が二回呼ばれたらボタンを押しましょう!

(一番最初の停留所の場合はアナウンスされたらOKです)


大きな荷物がある場合は、荷物があることを伝えて出してもらいましょう。



うまく降りられるか心配・・・って方は、乗車するときに運転手さんにここで降りたいということを伝えるか、紙に降りる場所を書いて渡すと安心ですよ。



★ちょっとした感想

いままで敬遠していたリムジンバスですが、結構便利で楽ちんなことがわかりました。
乗り換えがなく駅近くまで連れていってくれることや、時間帯を考えればそこまで時間もロスしないこと。運転も市内バスと違って荒くないので快適。これからもっと使うことになりそうです(笑)